オリジナル紙袋を作るメリット

紙袋は物を持ち運びやすくするためにあります。オリジナルの紙袋を作ることで物を運びやすくするということ以外にも得られるメリットが沢山あります。自社の商品を渡す時に紙袋に入れてくれるお店があります。商品を購入した方が紙袋を持って街を歩くと広告と同じ効果があります。より多くの方に自分達のお店を知ってもらうことが出来ます。またビニール袋に比べて高級感があるのでお客さんの満足度を上げることも出来ます。見た目がかわいかったり素敵なデザインの紙袋はお店から帰宅までの道のり以外でも利用されることがあります。これはお客さんが使い捨てにするのはもったいないと思い紙袋を保存してくれているということです。外に持ち出せば再び動く広告塔となり自分達のブランドを多くの方に広めてくれます。こうした様々なメリットがあるので、独自の紙袋を作る企業がたくさんあります。他のブランドには無いようなイメージを作り差別化を図るためには、オリジナルデザインの紙袋をオーダーして作成してもらう必要があります。

[PR]

紙袋のフルオーダーができる印刷業者
サービスの特徴を詳しく解説!

[PR]

同人誌専門の印刷所!
オリジナルグッズの注文も可能☆

[PR]

紙袋は通販サイトで買おう
オリジナルデザインの印刷も可能☆

紙袋をオーダーするメリットや制作のコツを紹介

紙袋

紙袋制作のポイント

元々の目的は物を運ぶためにある紙袋なのでデザインだけではなく、機能性にも目を向ける必要があります。紙袋に使用できる素材はたくさんあり、強度や耐水性などが異なるので使用する用途、入れる物の重さや大きさを考えると段々必要になる紙の種類が定まってきます。紙の素材が変わると見る人に与える印象も大きく変わります。クラフト紙を使用するとナチュラルな印象になりやすく、コート紙ではモダンな印象になりやすいと素材ひとつで大きく変わるのでこだわる方もたくさんいます。素材は紙だけではなく持ち手の紐も選びます。こちらは紙袋の素材を先に決めてから合う手提げ紐を選ぶ方が多いです。手提げ紐にデザインなどの印刷は出来ませんが色を選ぶことが出来るので紙のデザインと合うように選びましょう。最後に選ぶのは紙袋の加工ですが、加工をすることにより表面に光沢が出てつるつるになり、耐久性もかなり上がります。同人イベントで配る場合は、他の紙袋と差別化するために加工をした方がいいでしょう。

費用を抑えるためのコツ

こだわればこだわるほど高くなりやすいのが紙袋制作です。ですがあまり費用を掛けたくないという方のために安く紙袋を作るコツを紹介します。あまり知られていませんが紙は未晒クラフトを使用して、紙紐はPPヒモか紙単丸ヒモを使用することにより一番費用を抑えることが出来ます。次に使う色の数を減らすことです。色をたくさん使うとその分だけ使用する版が増えてしまい、印刷回数も増えてしまうので時間と費用の両方がかかってしまいます。一色のみの使用だとそこまで高くならずオリジナルのデザインが出来るのでオススメです。製造枚数を増やせば増やすほど一枚当たりにかかる費用を抑えることが出来ますが、何年分も一気に作ってしまうと在庫を保管するためのスペースが必要になります。また保管状態によっては劣化してしまう可能性があるので作りすぎもよくないです。手提げ紐の取り付け方を穴タイプにするのではなく、OFJタイプにすることで費用を大きく抑えることが出来るのでこだわりが無ければOFJタイプにしましょう。表面処理を行うと高くなるのでコチラもこだわりがコストを抑えるためにやめましょう。

紙袋制作に関する疑問

どのくらいで納品できますか?

フルオーダーにする場合は、二週間前後で出来上がります。ですが年末になると注文件数が多くなり印刷所が混み合うので制作にかかる期間が通常より長くなリます。目安としては大体一ヶ月程度かかるので注文は余裕を持って行ないましょう。

サンプルはありますか?

これまで作ってきた紙袋の中でオーダーした紙袋に近いものを送ることが出来ます。材質などの確認に関しては無料のサンプルを送ることが出来ます。注文の段階でサンプルがほしいということを業者に伝えておきましょう。

送料はどの位かかりますか?

業者により変わりますが、フルオーダーを注文する場合は送料無料となる所が多いです。ですがデザインをしない既製品紙袋の注文だと送料を購入者側に負担してもらうという業者がほとんどです。

広告募集中